2016年08月20日

ギリギリ

オリンピック、観れるときは結構観ている

4+ですが


みなさんいかがお過ごしでしょうか。


人間が極限の状態ではどのようになるのかの景色を
映画ではなく現実の世界で見たのでここに書いてみます。




競歩、終盤での出来事です。
日本の選手が前を行く3位の選手を追い抜こうとした時
3位の選手が肘打ちするんです。

横を通ろうとした日本選手が近かったのは確かですが
前を行く他国の選手の肘打ちが出るんですね。

これはもう、極限で戦っていて限界が近い中で
追い抜かれたくない気持ちがそうさせたのだと思います。

たぶん終盤なんでもう少しでメダルの中、追い抜かれたくないんですね。
抜かれたくない、どうすればいいか、そうだ、肘打ちをしよう
と考えたわけではなく
きっと反射的にそうしてしまったのだと思います。

世界に放送されている、国際的なレースであるにもかかわらず。

何度も試合に出ているであろう選手は
追い抜いたり追い抜かれた経験は今まで多々あるでしょうが

ギリギリの中で戦っている極限の状態にいると
ルールや論理は通用しない、人間の本能のようなものをその場面に感じました。

肘打ちをした選手は
たぶんですが

肘打ちをした直後に
[あっ!]

と思ったに違いありません。

[やってしまった]

と。

何を思ったか
肘打ちした後
その選手が何をしたかというと
少し時間を置いてから
ヨロヨロし始めました。

よろけたんです。

これはもう、相手が悪いとかを主張するためじゃないんです。
動物としての人間から
社会を築き上げた人間へと
戻ったのではないでしょうか。

肘打ちして、あっ!と正気に戻り
ふらふらヨロヨロすることで
心から崩れた自分をごまかしたんです。(たぶんですよ。真相はわかりません)

たぶんですが
それくらい
極限で戦っているのです。

そんな戦いを観ることができるのは
人間が作った幻想の境界である国家というものを背負って戦っている
オリンピックだからこそ、と思います。

ここに書いた試合やレースだけでなく私が感動したり感銘したものは数多くあります。

まさに祭典です。


そして


この極限での人間の振る舞いを見て
ちょっと思うに

世の中は
極限でなくても肘打ちばかりをする人が多いような気がします。
それはギリギリの中で戦ったことがないからなのかもしれません。
そしてそういう人は、自分のギリギリが、自分の限界点がとても低いことを露呈してしまっているのかもしれません。経験が少ないのかもしれません。試合をしてきた数が少ないのかもしれません。

ま、全ては憶測にしか過ぎませんが
今回の競歩の一場面は
そんな、本当の意味で
戦う
とは何か
について考えさせられました

マル
posted by yonpurasu at 13:06| essai | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする